玉川歯科医師会について

公益社団法人東京都玉川歯科医師会のホームページへようこそ


院長 お口から健康に!

最近はお口の中をケアをすることで、全身を健康に保つことができることなどが研究されています。お口の役割には、物を食べる 会話をする 味を楽しむ 異物を排除する 感情を表現するなどいろいろな役割があります。そのような役割を保ちながらお口の中を清潔に保つことを「口腔ケア」と呼んでいます。

お口の中を不潔にしておくとお口の中の細菌が増えて、体の抵抗力がないとそれを吸い込んで肺炎を起こしたり、歯茎の炎症から細菌が血管に入り込み体にいろいろな影響を与える可能性が出てくることがわかってきました。

最近ではがん治療で抗がん剤などを使われている方には積極的に「口腔ケア」が施されています。

玉川歯科医師会では「お口元気アップ教室」という歯磨きを中心としたお口のお手入れとお口の機能を保つためのお口の体操などを行う教室を行っております。また抵抗力の低下気味の方にはかかりつけの歯科医師や歯科衛生士による「口腔ケア」をお勧めしています。

また当会では平成14年よりお口の中にできる癌「口腔がん」の早期発見のために、会員各診療所において随時受けつける「口腔ガン検診」を全国に先駆けて始めました。平成27年までこの事業で18例の口腔がんを早期発見しております。

またこの事業は世田谷区にもご理解いただき平成21年6月より一部受託事業となっております。この事業は喜ばしいことに全国に広まりつつあり玉川歯科医師会以外の多くの歯科医師会でも始めて頂いております。

その他「成人歯科健診」「産前産後歯科健診」「2歳6ヶ月児歯科健診」「フッ化物塗布事業」「休日準夜歯科応急診療」「休日歯科診療」「区民歯科相談」などの事業を世田谷区と協力して行っております。

何より毎日美味しいものを食べ、笑顔でいられる楽しい生活をお手伝いするため会員一同地域の公衆衛生活動に精力的に取り組んでおります。 皆様の生活に寄り添い、支える存在になれるよう励んでまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

公益社団法人 東京都玉川歯科医師会    
会長 大島 基嗣    

玉川歯科医師会の目的

公衆衛生及び予防医学の普及向上を図り、地域社会の福祉増進に寄与する。


玉川歯科医師会の活動内容

多くの委員会に分かれて活動を行っています。
医療連携委員会
予算委員会
学術研究委員会
地域医療委員会
保険委員会
公衆衛生委員会
会誌編纂委員会
渉外広報委員会
会立歯科診療所運営委員会
会館管理委員会
災害対策・警察歯科医会運営委員会
健口啓発委員会

玉川歯科医師会の略歴

昭和26年(1951年)世田谷区歯科医師会より分離独立
昭和36年(1961年)社団法人認可
昭和62年(1987年)現会館竣工、会立診療所開設
平成13年(2001年)創立50周年

|  HOME  |  TOP  |